プロの管理で効果的に|痩身エステで理想のボディを手に入れる

レーザー脱毛について

レーザー脱毛を行えるのは医療機関のみ

医療レーザー脱毛の医療とは、医療行為のことを指します。ですから、レーザー脱毛は、医師免許をもった者だけが行うことができる脱毛方法なのです。その為、レーザー脱毛を行っているのは、医療機関のみとなります。仮にエステや脱毛サロン等、医療機関以外で行っているとしたら違法行為、もしくは、レーザー脱毛とは名ばかりで、実際には違う脱毛方法ということになります。どちらにしても施術を受けるべきではありませんから、注意が必要です。 レーザー脱毛が医療行為である所以は、危険を伴う脱毛方法だからです。ただ、一方でレーザー脱毛には優れた脱毛能力があります。ですから、美容専門、並びに美容に特化した医療機関の大多数は、医療レーザー脱毛を行っています。

レーザー光の持つメリットとデメリット

医療レーザー脱毛は、レーザー光を利用する脱毛方法となります。このレーザー光がメリットとデメリットの両方を持っているのです。 メリットは当然、高い脱毛効果です。レーザー光には強い威力があります。レーザー光は生えているムダ毛だけではなく、ムダ毛周辺に存在しているムダ毛が生えるもととなる組織も破壊してしまいます。ですから、永久脱毛も可能なのです。 ただ、レーザー光は肌に照射するのですが、威力が強すぎるため、肌にもダメージを与えてしまう可能性があるのです。レーザー光には、特定の色にしか反応しないという特性があります。医療レーザー脱毛のレーザー光は、肌には反応しないことになっています。しかし、実際には肌にもダメージを与えてしまうことがあるのです。そして、あまりにも威力が強い為、ダメージが深刻なものとなってしまう場合も時にはあります。 その危険を軽減させる為に、医療行為となっているのです。万一、施術で肌にダメージを負ったとしても医療機関での施術ですから、適切な処置が施されます。